お知らせ
概要と特徴
前方探査
地盤改良
フロー
障害物保険方式
施工実績
研究会概要
お問い合わせ
会員のページ
ダウンロード
工法紹介ビデオ



切断・除去システムは、本工法における主要な技術の一つであり、前方探査によって作成された切断施工図を基に、切断材を超高圧ジェット(245MPa)により噴射し、支障物等を切断・除去するシステムです。
切断材はポリマー溶液に研磨材および硬化剤を加えたアブレシブスラリーと溶液型注入材(珪酸ナトリウム溶液)の混合材です。

 
 
各施工段階におけるノズルの使い分け≫
通常掘進時
通常掘進時は、掘進時における目詰まりを防止するため、ジェットラインおよびアブレシブラインへのグリス充填を行う。
地盤改良時
ジェットラインから超高圧水を噴射し、アブレシブラインからセメントミルクを加え連続的に噴射して、改良体を作る。
切断時
ジェットラインから超高圧水を噴射し、アブレシブラインからアブレシブスラリーを加え連続的に噴射して、切断する。
▲図をクリックすると大きなイメージがご覧になれます。
 
 
  ▲このページのトップへ  
(C) 2011 Double Object-Jet Method Sciety, All rights reserved